なおとんのブログ

日々を忘れないために

眼鏡

一昨日眼鏡のレンズを拭いてる時に

 

ん?なんかこの鼻パッドのところ汚く見えるなぁ、ここどーなってるんだろう?

 

と思って触ったら、パキッっとかけてしまった…。

 

あぁー!!

 

と声が出てしまった。普段気にも止めないのに、余計なことをして壊してしまった…後悔。まぁ確かに、約9年間、ほぼ毎日かけていた眼鏡だったので、そのプラスチックの部分は疲労していたのかもしれないけど、それでも感覚的にまだ持ちそうだったので結構ショック。

他にもいくつか同じ度の眼鏡は持ってたんだけど、フレームの部分がかなり気に入っていてそればっかりかけてたんだよね。

3代目の眼鏡と生き別れたあと、長きに渡って私を支えてくれた5代目眼鏡。もう少しで10年だったのに…まぁ鼻パッドのところ以外はほぼ無傷なので、そこだけ取り替えることが可能ならまた復活する可能性はあるけれども。

 

そういえば、持っている眼鏡、普段使うものが限られてるので、折角だから自分への備忘録も兼ねて歴代どんな感じだったのかをまとめてみようと思う。

 

 

▼初代

記念すべき初眼鏡。中学の後半から目が悪くなり始めた私。中学生活はそのまま乗り切ったけど、高校に入ったタイミングで授業中だけかける眼鏡を購入。目が悪くなり始めた頃に買ったので、今持ってる眼鏡の中で唯一この眼鏡だけ度が違う。フレームは柔らかい楕円形な感じ。残念ながら、私の目が徐々に悪くなり、段々とあわなくなってしまった。今かけても殆んど効果なし。

 

▼2代目

記憶が曖昧だけど、多分高校の途中でレンズを見直した時に作った眼鏡。フレームは細長い楕円形。この時も用途としては授業中のみにかける感じ。当初はなかなか気に入っていたけど、今はフレームの形とかがあんまり好きじゃないかなぁ。でも、この時から度が変わらなくなったので、今でもかければ現役になれる。

 

▼3代目

大学に入り電車を乗り継ぎ通学していたときに、裸眼で電光掲示板が見えなくなり、あ、これは常にかけてないとやばいかもと思い、少しおしゃれな感じの眼鏡を欲して作った眼鏡。フレームは黒ブチで、レンズの部分は四角。これを気に、大体作る眼鏡は四角い感じに。社会人になっても愛用していた、私=眼鏡のイメージを定着させた眼鏡。

ただ、別れは突然に。2008年、初参戦のROCK IN JAPANで10-FEETの最前線でもみくちゃになったときに、汗ですべって顔から外れて、そのまま生き別れになってしまった。少し悲しい思い出のある眼鏡。

 

▼ 4代目

3代目を購入したときに眼鏡に目覚めた私。毎日同じものをかけるのもいいけど、たまに気分によってかけ変えるのも良いかなと思い、眼鏡屋さんをふらふらしていたら見つけた眼鏡。ふちは銀、フレームは白で、しかも皮という作り。これ面白いなぁと思い購入したのでした。眼鏡に限らず、当時は基本、なんかこれ面白いが購入の基準。

3代目と共存しながら、でも休みの日とかにかけていた感じ。3代目と生き別れてから5代目を購入するまではしばらく平日もかけてた。弟の結婚式にかけた眼鏡もこの4代目。現在も現役で使えるけど、フレームが少し汚れてしまい、皮故にもうその汚れが落とせないということで、今となっては殆んどかけることのない眼鏡。

 

▼5代目

3代目と生き別れたあと、4代目は少しあくが強いこともあり、普段使いとして購入した眼鏡。上述のように購入から一昨日までほぼ毎日かけていた眼鏡。黒ぶちで、フレームのところがクロスしたデザインとなっていて、ここが購入の決め手だった。

社会人人生、というが眼鏡人生において大半の時間をこの眼鏡と過ごした。自身の結婚式でもかけてた眼鏡。ウェルカムボードにもこの眼鏡が描かれている。思い出の眼鏡。

 

▼6代目

5代目を購入してからというもの、ほぼ毎日それをかけていたので、流石に普段使いをもう少し増やしてもいいのでは?という思想から購入した眼鏡。セルフレームで茶色っぽい眼鏡。普段使いで購入したものの、普段かけることは今もあんまりない。セルフレームで目の周りがしっかりと縁取られているので、目のまわりの余計な情報をシャットアウトしてくれる。ということで、映画の時にはこの眼鏡にかけかえて見ることが殆んど。通称映画用眼鏡。

 

▼7代目

6代目と同じく、普段使いを増やそうという思いで購入した眼鏡。6代目と同じく、殆んどかけることはなかった眼鏡。色は青っぽく、フレームのところに葉っぱっぽい何かがある感じの眼鏡。殆んど日の目を見ることがなかったが、5代目が使えなくなったことにより一昨日から急遽普段使いに昇格した眼鏡。

 

 

という、現在の眼鏡ライフ。まとめてみるとなかなか面白い。眼鏡をたくさん持ってても使わなかったら意味がないのだけれど、今回みたいな時は、やはり複数持っているとすぐに対応できますな。

今後新しい眼鏡を買うかは謎だけど、購入したらまたまとめていこうかなー。

歯がはえる?

先週金曜日に妻と息子が義実家から帰って来てから、息子くんが唇をぶーーーっと震わせるようになってた。あっぶーーー、みたいな。

今は4歳になった甥っ子も、確かこれくらいの時期にこんなことをやっていたのを良く覚えてる。多分歯がはえてくるんじゃないかな。口の中がむず痒い感じなんだろうね。

いやー、ついに歯、はえてきゃいますかー。

はえてきたら歯磨きしたりとか大変そうだなー。あとはたまに噛んでくるから、その辺も気を付けないとだなぁ。でも歯がはえてきたら少し固いものも食べれるようになって、段々と一緒に食事ができるようになっていくんだろうなぁ。それは楽しみ。

 

楽しみでもあり恐怖でもある歯。

しばらく注意深く口の中を見ていこう。

 

温泉デビュー2日目

翌日朝も早起き息子くん。

家にいてもお出掛けしても変わりませんなぁ。ブレませんなぁ。

折角の温泉ということで、妻は朝風呂に。その間、息子ところころ。少し遊んで、妻が戻ってきたタイミングで昨日は一緒に入れなかった露天風呂に息子と入ることに!!初一緒に温泉!!どう感じてたかはわからないけど、父親としては一緒に入れて嬉しかったなぁ。その後妻も一緒に入り、初3人での温泉!!良い思い出になりました。

お風呂から出たあとは我々の朝食。朝食も部屋食で。ゆっくり食べたあとは、さすがに疲れた息子くんはお昼寝?朝寝? に。大人たちは帰り支度をしつつおしゃべり。しばらく時間が経ち、いつもだったらそろそろ目を覚ます感じかなぁってタイミングでも目を覚まさない息子くん。これが温泉効果なのか。すごい。でも、そろそろ着替えさせないと、とゆーか起きないと出るときドタバタしちゃうなぁ、まぁ無理矢理着替えさせれば起きるから、ちょっとかわいそうだけど着替えさせるかぁ、なんて言って寝てる息子の着替え開始。が、起きない!!!!全部着替えさせても起きない!!!!!!

温泉効果恐るべし…ものすごくグッスリ眠っておる…!お昼寝に限って言えば、多分息子史上一番の熟睡だったに違いない。いやー、可愛かった。

そのままずっと眠らせてあげたかったけど、チェックアウトの時間が迫っていたこともあり、泣く泣く抱っこして起こすことに。が、これもすぐには起きない(笑)結局そのまま抱っこ紐に入れてチェックアウト。ま、受付いく途中で覚醒したけど。それでも相当寝てたよなぁ。温泉効果すごい。

 

チェックアウト後も特に予定はなかったけど、折角海が近いからということで、息子くんに海を地殻で見せてあげることに。前日のもやもやした天気とはうってかわって晴天な日だったので、日差しが半端なかった。暑い暑い。

とことこと浜辺にいって、息子くん、間近での海と初対面!ママに抱っこされながらだったのと寝起きだったもあって、何を感じてたかはいまいちわからなかったけど、初めて見る海に興味は示した模様。次に来るときは海の中に入れるといいね!

浜辺にいても特にやることがないので、少し散歩をしながら、有名な寛一お宮の像を見つつ熱海駅へ。駅までの坂が大変だった…。駅前にきてからはお土産を買いつつ、ラスカ熱海で昼食。伊豆太郎というお店で食べた。さすがは熱海!海鮮美味しい!!

その後またラスカをふらふらして、帰路へとついたのでした。帰りは普通の踊り子号。やっぱスーパービュー踊り子のほうが良い感じねー。平日だったから普通の電車のグリーン車でも良かったかも知れぬ。

 

そんなこんなの2日間。家族でゆっくり過ごせて、息子の温泉デビューもできて良かったな。

また近いうちに家族旅行したいもんだ。 

温泉デビュー1日目

6月の最初の週に2日間平日にお休みを頂いて、熱海に旅行してきた。

今は妻が育休中なので、私さえ休めれば平日に簡単に出掛けることができるっていうのが事の発端で、折角だから息子の温泉デビューも兼ねていこうということに。今の仕事の状況や世間の休みの流れを鑑みて、6月になった。その週が私の誕生日だったことも理由の一つ。

多分人生で初めて(少なくとも記憶上は)スーパービュー踊り子号に乗った。行きの日は生憎の天気だったけど、それでも車体の窓がデカいだけであんなにも解放感があったり、社内が明るくなるもんなんだなと思った。踊り子号に乗って、妻と話ながらお菓子を食べながらあっという間に熱海に到着。その日は終日雨の予報だったけど、熱海に着く頃には殆んど降ってなかった。さては息子…晴れ男か?!確かに前々からそういう感じはあったなぁ…今度またちゃんと検証してみよう。

熱海に電車で行ったのは初めての経験だった。車で通過したりとかはしてたんだけどね。今回熱海駅について、自分の中で勘違いしていたものがあったのがショックだった。何かというと、車で通過するときに、あぁ、これが熱海駅かぁって思ってたところが熱海駅じゃなかった!ただのマンション的な建物だった。しかも、翌日わかったことだけど、そのマンション的なところは閉鎖されてた。ショック。まぁでも、これで熱海駅の感じを頭にインプット。

熱海駅は、今日平日だよね?って言うくらいなかなかの人がいた。駅前の商店街なんかにもおばちゃん軍団みたのがちらほら。やはり熱海は観光地なのですなぁ。やりますな。

 

熱海駅についてからは、一旦息子の体制を整え(おむつとかおっぱいとか)、お昼ご飯を食べに。先日、妻の弟くん夫妻の家で、妻一家と弟くんのお嫁さん一家で食事会をする機会があったんだけど、その時にオススメの食事処を聞いていたので、そこを目指す。(妻の弟くんのお嫁さんの実家は熱海に別荘があるらしい。すげぇ)

 

その名も「利久庵」!というお蕎麦屋さん。話によると予約していったほうがいいとかいってたので、多分わりと有名なのだろう。

まぁでも、いうても平日だし平気でしょうとそのまま乗り込む。時間も少しお昼の時間過ぎてたし。熱海駅から徒歩15分くらいのところにあった。我々の読みは正しく、すぐには入れた。ただ、平日のあの時間という意味では人はなかなか入ってたと思う。駅から近いわけでもないのにすごいなぁ。

空腹だった我々は蕎麦とどんぶりのセットみたいのと、プラスでオススメされていたかき揚げも頼んだ。美味しかった!かき揚げはあげたてサクサク、そばも風味が良く、これもう少し食べれるなぁってくらい箸が進んだ。さすがオススメ店!熱海に行くって言う人がいたらオススメしようと思う。

 

昼食後、特にやることがなかったので速くも宿を目指した。というのも、そもそも今回の旅の目的はあくまで息子の温泉デビュープラスゆっくりしようだったので、観光とか特に考えてなかったのよね。

というわけで、今回の宿、大月ホテル和風館へ。チェックインは15時からだったんだけど、14時過ぎに到着。まぁそこでロビーをお借りしてだらだらしてようという目論見だった。が、なんと14:30にチェックインさせてくれた!いやー、なんか申し訳ない…そしてありがたい!

予約した露天風呂付き客室へ。やはり、さすがにおむつが外れてない子供を大浴場に連れていくことはできないので、部屋に露天風呂がついてるかつ、そういう子供を入れても良いというところを選択していたのでした。

通された部屋は、自分で予約したからわかってはいたけど、広い!3人、しかも1人は赤ちゃんなので実質2人で過ごすにはとても広いお部屋!なかなか泊まれるもんじゃないだろうなぁ…さすが平日。

部屋について少しだらだらして、仲居さんから説明を受けて、とりあえず折角なので妻と交代で大浴場にいくことに。最初は私が入って、交代で妻が入るという流れ。大浴場はなかなか広く、露天風呂も気持ち良かった!割りとゆっくり堪能してしまい、妻のもとに戻ったら息子は寝てた…寝てる息子を受け取って部屋に戻ることに。

部屋について布団に寝かせようとしたら起きる息子…仕方なく汗だくで抱っこする…でも汗ふきたい→おろす→泣く→汗ふいて抱っこを繰り返す。そんなことをしているうちに妻が帰還。息子はお腹が空いていたらしく、おっぱいを飲ませたらまた眠りに。私自身もなんか疲れてたので一緒にお昼寝。平日に旅館で息子とお昼寝なんて、なんて幸せなことか!

 

何だかんだ疲れていたらしく、そこそこ寝てしまった私。その間に息子が先に起きたので、妻がお風呂に入れてくれてた。露天風呂に入る頃に私も起きたので、息子の温泉デビューを無事に見届けることはできた!普段お風呂との違いを認識したかはわからないけど、気持ち良さそうに入っていたよ。良かった良かった!

 

お風呂を出たあとは、お部屋食!息子が小さいので部屋食ができるプランにしていたのでした。仲居さんが料理を運んできてくれてそれをどんどん食べていく。美味しい!特に最後に出てきた金目鯛のお寿司みたいなのが美味しかった!

 

ご飯後は息子を寝かしつけ、妻とゆっくりとお話タイム。久しぶりに二人でゆっくり話せて楽しかったな。メインの話は家購入の話だったんだけど、お互いに考えてることを共有できて良かったかな。いい家が建てられるといいけど…

そんなこんな話して、妻も私もそこそこ疲れてたので早めに就寝したのでした。

 

そんな温泉デビュー1日目。観光とかはしてないけど楽しかったな。

8ヶ月

今日で息子も8ヶ月。

年を取ったせいとか、家購入のために色々動いているせいもあるんだろうけど、やっぱり早い。

今週は、妻の体調不良などもあり、今は義実家にいるので直接声をかけることはできないけど、帰ってきたら抱っこしよう。

もう既にそうだけど、ここから先は出来るようになることの順番が決まってないんだろうけど、あとはつかまり立ちして、そのあと立って歩いて、喋れるようになったら赤ちゃん→子供になる感じがする。まぁそこに至るまでがすごく長いんだろうけど。

ありがたいことに五体満足で生まれてきてくれたのはわかってるので、あとはこぉ、精神的なところも障害等がないといいなぁと思う。その辺はもうちょい成長しないとわかんないんだろうな。まぁ今はそんなことを気にしすぎるのも良くないかもだから、息子といっぱい触れ合っていきたい。

 

それはそうと、前も書いたけど、6ヶ月→7ヶ月、7ヶ月→8ヶ月という期間で一気にできることが増えたよな。毎日、きっとちょっとずつでも新しく何かが出来るようになってて、本人はそれを繰り返して自分のものにしてるんだろうなぁ。それが出来るようになったとき、息子はどんなことを思ってるんだろう。どんな気持ちなんだろう。喋れるようになったときにそのことを覚えてることはないかもだけど、いつかコミュニケーションがとれるようになったら聞いてみよう。あと、お腹の中にいたときの話も。

 

 

次の9ヶ月の時にはどんなことができるようになってるかなぁ

成長が加速する②

もうすっかりハイハイみたいなことが出来るようになってしまった。ずりばい的なものは多分すっ飛ばした。

お座りも、先月末くらいにだいぶ上手になったねーなんて言ってたけど、今はもう自分で座ることが出来るようになってしまった。そして、そこからまたハイハイに移行することも可能。すごいぜ息子くん…!!

なので最近は、コロンと仰向けで寝かせても、すぐさま寝返りをうち、少しハイハイみたいな形になって座る、というのが一連の流れになりつつある。

 

仰向け→寝返り→プチハイハイ→お座り→おもちゃを見つけてハイハイ→お座り→掴む→なめる

 

みたいな。

あっという間に自分の力で色々出来るようになってしまった。嬉しい反面、やっぱりちゃんと目を配ってないと危ういなぁと思う。そういう意味では、ベビーゲートは買って良かったかな。今の家は少し狭いから、我々の生活スペースが削られちゃってるけど(笑)

 

最近は息子の近くで座っていると、ハイハイで寄ってきて、私の足に手をかけてよじ登ってきて、つかまり立ちみたいなことをするようになった。本当、なんか色々すっ飛ばしすぎな気が…。成長が早いのか飽きっぽいのか。

ハイハイからのお座りが出来るようになってからは、ベビーゲート内が(というより家が?)狭いからか、ハイハイする距離もそんなに長くなくて、途中でお座りするようになっちゃったし。もっとハイハイで前に進んで筋力とか持続性とかをつけるんだ!とは思うものの、本人がやりたがらないんだから強制のしようもない。

そんな矢先に今度はプチつかまり立ちをするようになって、もういよいよ本人の好きなようにやらせる他なくなってきた。ママやパパみたいに早く歩けるようになりたいのかな…?まだ安定しないからそのあたりは目を配りつつ、フォローしていきますか。思うがままに動くが良いさ!

 

父の日

息子が生まれてから初めての父の日。

妻が考えてくれて、息子から初プレゼントを貰えた!

私自身も母の日に、息子の気持ちを汲んで(るはず)プレゼントをあげていたけど、まさか自分にも貰えるとは思わなかった。ありがたい!

初プレゼントはちょっと良さげなパンツとタオルハンカチ。消耗品だけど、大事に使っていこう。

 

自分自身は、小さい頃は母の日とか父の日とかをあんまりちゃんとやってこれなくて、社会人になってから徐々に返していってる感じで、少し後悔もあったり。なので、息子には、父の日はともかく母の日については色々とフォローしていけるといいな。